印刷技術はどこからの?

印刷技術が7世紀に中国(唐王朝)に発明されたと考えられます。その頃木版印刷が行われていて、主に仏教の経典を発行し、そして朝鮮島と日本へ伝来しました。ですが、木版は長く保存することに対し、難しいです。どしてかというと、木版は壊れやすくて、印刷中印刷が終わればすぐに版を崩してしまうことが多くて、再版のコストが非常に高いです。それで活字は中国でそれほど普及しませんでした。

15世紀にヨハネス・グーテンベルクさん(ドイツ)によるなまり活字が発明されました。さらに油性インク、印刷機、もっと適当な紙が次々開発され、印刷物の伝播は驚くスピードで広まってきました。

知識、ニュース、文化、宗教は印刷技術を通じて、人々の生活を変えてしまいました。印刷技術は人類の発展に大切な役割の一つと言えます。今までも様々な印刷会社は社会貢献に努めています。協進印刷も不断の努力より新しい価値を創造していきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中