ノマディック・ルーフ〜象の鼻パークに大きな可動式東屋が

横浜、山下公園と赤レンガ倉庫の中間にある象の鼻テラスが、6月2日に開館10周年を迎えました。その記念展として「フューチャースケープ・プロジェクト」を開催中。象の鼻テラスと象の鼻パークをより豊かな場にするためのアイデアをアーティスト・大学・企業・団体・市民から募り、集まった100件を超えるユニークな作品やプログラムが実現しています。その中の一つ、ノマディック・ルーフでは、JIA神奈川(日本建築家協会神奈川支部)のメンバーとして、私も展示参加しています。全く庇のない公園に大きな日陰を、をコンセプトに、可動式テントを設置、大きな東屋のごとく、来場者のみなさんが足を止めて、休憩されたり、内部構造を熱心にご覧になったりしています。明日からの2日間は、有名ラーメン店の出張販売や、横浜の名匠・石井造園さんの盆栽ワークショップなども加わり、さらに盛り上がること間違いなし。また、ノマディック・ルーフだけでなく、100以上の展示やパフォーマンスもございますので、皆様、週末は是非とも横浜象の鼻パークへいらしてください。今夜、てるてる坊主に願いを込める竹見でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中